Q&A集

キャビネットの寿命はどれくらいですか?

キャビネットの寿命は設置環境(屋内、屋外、塩害地区など)により大きく異なり、また判定基準も明確ではないため、年数などで定義することができません。
下記状態のキャビネットについては、早急に取替えを行ってください。
1)錆が発生し、キャビネットを貫通している場合
2)蝶番が外れ、ドアの取付けができない場合
3)合成樹脂製ボックスで、ひび割れ、変形などが生じている場合
4)その他、内部機器の保護性能を損なう場合

キャビネットを長期間使用するためにはどうしたら良いですか?

下記を参考に、選定から施工、メンテナンスを行ってください。
1)設置環境に適したキャビネットを選定する。
2)施工説明書などを確認し、正しく施工する。
3)施工時の加工部、傷などは補修ペイントで補修する。
4)錆が発生した場合は、錆を取除いた後、補修ペイントで補修する。
5)定期的に点検を行い、異常があれば早急に処置する。

【施工上の注意事項については、施工上の注意事項CA-G09 をご参照ください。】

ページTOPへ▲